ホーム > 木材へのこだわり

木材へのこだわり 大工自ら素材を吟味

良質な木材だけを、熟練の大工たちが厳選。

家づくりには、地元・岐阜県美濃地方の豊かな自然の中で育った良質の木材を使用。一本一本大切に育てられた木を、熟練の職人たちがじっくりと吟味し、質の高いものだけを伐採しています。
また、尺2寸(36cm)角の大黒柱、6寸(18cm)角から7寸(21cm)角の通し柱、5寸(15cm)×4寸(12cm)などの構造体すべてにヒノキを使用。屋根の荷重を引き受ける地棟には、国産アカマツの一本丸太を使うなど、私たちは日本の伝統である骨太の構造をしっかりと踏襲しています。
さらに、ヒノキ、杉、松などの国産木材以外にも、必要に応じてベイマツなどの輸入材を用いるほか、より強度に優れた集成材を使用して大空間を確保したりするなど、お客さまのニーズに応じてさまざまな素材を使い分けているのも特徴のひとつです。

良質な木材だけを、熟練の大工たちが厳選。

天然素材を用いた、日本伝統の「土壁の家」。

天然素材を用いた、日本伝統の「土壁の家」。

高瀬建設では、伝統の土壁を採用した「安心・安全な家づくり」にもこだわっています。土壁の資材は天然素材を主原料とするため、化学物質を出さず、室内空気も汚さないため、部屋を密閉していても安全です。

また、壁自身が呼吸をするため、調湿効果に優れており、結露防止にも有効。カビやダニの発生を防止する効果もあります。さらに、アトピーやアレルギー予防にも優れているほか、不時の火災の際に有毒ガスを発生させることもありません。

  • 木に感謝 美濃の家
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ